おとなの自動車保険

おとなの自動車保険は、ゼゾン自動車火災保険の自動車保険です。

ゼゾン自動車火災保険は、損保ジャパン日本興亜グループですので、その全国ネットワークを駆使したサポートを受けることができるというのもセールスポイントです。

おとなの自動車保険の一番の特長は、40代、50代の方の保険料が最も安くなるところです。

今までの自動車保険は、若い人ほど保険料が高く、それが徐々に安くなり、30代半ばで最も安くなりました。

しかし、それ以降は40歳、50歳でも保険料は安くならず、60代になると逆に保険料が高くなっていました。

おとなの自動車保険は、40代、50代のドライバーの事故率が低いというデータがあることから、その年代の保険料を安くするという方法を採っています。

現在加入している自動車保険で35歳あたりから保険料が変わっていない40代、50代の方は、おとなの自動車保険ではもっと安くなる可能性があります

また、おとなの自動車保険は、必要な補償を自分で選んで自動車保険を組み立てることができます。

他社の自動車保険では、自分に対するケガなどの補償である人身傷害補償保険は対人賠償保険、対物賠償保険とセットになっていて、自分への補償は必要ないと考える人でも加入せざるを得ませんが、おとなの自動車保険ではそれをはずして加入することができます。

車両保険についても、一般的な車両保険では、大きく3パターンの補償内容が既に決まっていて、加入者はそのどれかを選ばざるを得ませんでしたが、おとなの自動車保険の車両保険は、バラで車両保険を選んで加入することができます。

また、 子供が免許を取得して、たまに親の車に乗るというときには、一般的な自動車保険では、一番若い運転者の年齢を基準として保険料が決まってしまいますので、子供を運転者に追加したあとは、びっくりするほど保険料が高くなってしまうこともあります。

しかし、おとなの自動車保険は、たまにしか乗らない子供の年齢を基準とするのではなく、主な運転者である親の年齢を基準としたままで、子供を運転者として追加できますので、保険料の急激なアップはありません。(ただし、子供が主な運転者となるときはこの限りではありません。)