人身傷害補償について

自動車保険の対人賠償保険は事故の相手方のケガや死亡に対する損害が補償されます。

また、同じく対物賠償保険も相手方のモノに対する損害を補償する保険です。

これに対して人身傷害補償保険は、運転者、同乗者のケガや死亡に対する損害を補償する保険です。

自動車保険の契約者が事故を起こし、相手方に人的、物的損害を与えた場合には、自動車保険会社が相手方との示談を代行してくれますが、契約者が相手方に100%の過失がある事故(たとえば、赤信号で停車中に後ろから追突された場合など)の被害者になった場合には、自分の自動車保険会社は加害者との示談は代行してくれません

このような場合に相手方と示談交渉できるのは弁護士だけだと弁護士法で規定されているからです。

ですから、被害者である契約者は、自分で相手方との示談を行うか自費で弁護士に依頼するしかありませんでした。

このようなケースを想定してつくられたのが「人身傷害補償保険」です。

人身傷害補償保険は契約者が被害者になった事故の場合でも、契約者と保険会社であらかじめ設定した保険限度額の範囲内で、契約者自身の過失も含めて補償してくれます。

また、契約者と相手方の両方に過失がある事故の場合、その過失割合について争いが生じることがよくあります。

このようなとき、契約者がケガを負って高額な治療費に困っている場合などでこの人身傷害補償保険が役に立ちます。

双方の過失割合が確定する前であっても、契約者の治療費などの損害の100%(実損分)を契約者と保険会社があらかじめ設定した保険限度額の範囲内で、とりあえず支払ってくれるのです。(保険会社は互いの過失割合が確定後に差分を相手方に請求します)

つまり、この人身傷害補償保険は契約者の過失の有無や割合に関係なく、ケガや死亡による損害の実損分を契約した保険金額を限度として支払ってくれる保険なのです。

この人身傷害補償保険の保険金額を加入時に設定するとき、ほとんどの保険会社の自動車保険では最低保険金額3,000万円から設定できますが、保険会社が公表しているデータでは、一般的なサラリーマンが事故にあったときの実際の損害額は、だいたい5千万円~1億円、後遺障害の場合で1億円~1億5千万円ぐらであるとされています。

この人身傷害補償保険は傷害保険ですので、他に傷害保険に加入していれば補償が重複してしまいもったいないですし、2台自動車を所有していて、そちらにも人身傷害補償保険があれば、2台目の車の人身傷害補償保険は「搭乗中のみ補償」というオプションをつければ無駄になりません。