個人賠償責任補償特約

この「個人賠償責任補償特約」はいろいろな場面で活躍する保険です。

自動車保険の特約と誤解されることが多いのですが、基本的に日常生活における様々なリスクを回避するために役立つ保険です。

特にお子さんがいる家庭、自転車に乗ることが多い家庭などにお勧めしたい特約です。

最近、社会問題にもなっている自転車の事故。

もし、あなたやあなたの家族が自転車で歩行者をはねてしまい、その人が死亡または重度の後遺障害を負ってしまったら。

最近の裁判の判決での賠償金額は2億円を超えることが少なくありません

自転車には自動車のような強制保険のような制度はありません。

しかし、いざ事故を起こして相手を傷つけてしまえば、そこに自転車と自動車の区別はありません。

重い損害賠償の責任を負うことになってしまいます。

このようなリスクを回避するためには、「個人賠償責任補償特約」が非常に有効です。

保険会社には自転車保険というものもありますが、自転車保険は掛け金が高い挙句に、家族一人一人で別々に加入しなければなりません。

これに対して個人賠償責任補償特約は、これ単体で加入することはできない保険なのですが、自動車保険、傷害保険、火災保険などに付帯して加入するので掛け金が非常に安いのです。

また、1契約で、被保険者とその同居する家族が日常生活上で負う損害賠償を補償しくれますので、自転車保険のように家族各々で加入する必要がなく経済的です。

掛け金も安いものですので、ぜひ加入したい特約です。

ただし、火災保険など、既に他の保険に付帯して加入している場合は、重複加入になり無駄になってしまうこともありますので注意してください。