対人賠償保険について

すべての自動車の加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険)の補償額は、死亡の場合3,000万円、後遺障害の場合3,000万円(常時介護を要する場合は4,000万円)、傷害の場合120万円です。

たったこれ以下しか保険金は出ません。

上記の死亡の場合の3,000万円は一見十分な額であると感じてしまいがちですが、最近の裁判例としては、死亡の場合の賠償額の例として、学生の場合2億円、会社役員の場合3億円などというのがあります。

このような損害賠償額だと自賠責保険からの保険金だけではまったく足りません。

また、任意保険に入っていたとしても、任意保険の対人賠償保険は保険金額5,000万円から設定することができますので、意外と多くのユーザーがこの金額にになっていたりします。

対人賠償保険は保険金額「5,000万円」と「無制限」とでは、保険料(掛け金)はほとんど変わりませんので、5,000万円にしておく理由はまったくないともいえます。

ですから保険証券を見て、もし対人賠償保険が5,000万円などになっていたらすぐに保険会社に連絡して「無制限」に変更するようにしてください。

自動車保険の変更は、なにも更新時だけでなくいつでもできますので、できるだけ早く確認することをお勧めします。