対物超過修理費用特約

損傷を与えた相手の車をこちらの任意保険を使って修理する場合、対物賠償保険を使いことになりますが、この対物賠償保険から支払われる保険金は、対象車の時価の限度までしか支払われません

大事に乗ってきた古い車など、時価評価は低くても修理費用が高くなるものがあります。

時価は20万円なのに、修理費用が40万円などの場合です。

この場合、こちらの対物賠償保険からは20万円しか出ないので、相手方は修理費用の差額20万円の自腹を切ることになってしまいます。

故に当事者間でトラブルに発展することが多くあります。

これではさすがにいけないということで、「対物超過修理費用特約」ができました。

対象車の修理費用が、対物賠償保険から支払われる金額を超える場合、その差額を50万円を上限として対物超過修理費用特約から支払われることになります。

保険料は非常に安価ですので、必ず加入しておきたい特約です。