東京海上日動火災

東京海上日動火災は、自動車保険会社の最大手です。

東京海上日動火災は代理店型の自動車保険で同じ条件で見積もりをとっても、たぶん一番高い保険料がでてくるのではないかと思います。

しかし、今の自動車保険のトレンドは通販型自動車保険です。

今まで、長年、代理店型自動車保険に加入してきた人も、最近ではどんどん通販型自動車保険に乗り換えているようです。

通販型自動車保険の安いところと、代理店型自動車保険では、保険料が倍近くすることもありますので、このような現象になるのは当然のことなのですが、では果たしてなぜ代理店型自動車保険はそんなに高い保険料なのでしょうか。

簡単に言いますと、代理店型自動車保険は代理店に支払う手数料や支店の維持費などにコストがかかっている分、保険料が高いということなのですが、実は通販型自動車保険も代理店への手数料などが必要ない分、CMなどの宣伝費が莫大にかかっているのです。

補償内容も、代理店型自動車保険と通販型自動車保険では似たようなものです。

それでも尚、高額な代理店型自動車保険に加入するメリットは、ずばり事故を起こしてしまった後のことについて、通販型自動車保険に加入しているよりもダンゼン有利だということなのです。

ダンゼン有利である代理店型自動車保険の中でも、東京海上日動火災が一番強さを発揮します。

一般的にはあまり知られていないことなのですが、例えば、壊れた車を修理工場にだして修理する場合も、その車の保険が東京海上日動火災ですと、修理のための費用をケチられることがないということを修理業者はよく言います。通販型自動車保険や代理店型自動車保険でも弱小なところだと、保険会社は修理業者に対して、できるだけ安い金額で修理しろと要求するそうです。

また、事故対応についても、結局はどういう担当者がつくかということによって良し悪しが決まってしまい、代理店型が良いとか通販型がダメだとかは一概には言えないのですが、「デキル担当者」は代理店型、特に東京海上日動火災のような強い保険会社に多いということなのです。

このように、一見無駄のように見られがちな、高い代理店型自動車保険も、見えない部分にその重要な価値があったりするのです。