自動車保険が今よりも5万円以上も安くなることもある!


長年に渡って、お知り合いの保険代理店さんにお任せで自動車保険の保険料を支払い続けている方に特に知っていただきたい!

テレビのソニー損保のCMで

ネット自動車保険を甘くみてはいけない

と言っているのはご存じだと思います。

私はあまりテレビCMは真に受けないほうなのですが、このソニー損保のCMには共感できます。

ネット自動車保険である、ソニー損保やSBI損保などの自動車保険の補償内容は、今まで代理店さん経由で加入していた東京海上日動や三井住友海上などの代理店型自動車とほぼ変わりません。

このページでお勧めしている「自動車保険の資料請求」で比較していただけるとよくおわかりになると思います。

補償内容などはほぼ変わらないのに代理店型自動車保険の保険料(掛け金)は場合によっては年間で倍もすることがあります。

つまり、ネット自動車保険は従来の代理店型自動車保険にくらべて、補償内容はほぼ変わらないにもかかわらず、保険料(掛け金)は最大で半額ほどになることも多々あるのです。

その理由は、

  • 保険契約が代理店さん経由ではないので、保険会社が代理店さんに払う手数料が不要。
  • 全国各地に支店を置く必要がない。
  • そしてなによりも、過去に事故を何度も起こしたような人は加入をお断りしている!というところが一番の理由です。

早い話が、今までより保険料はがっつり安くしますが、事故をなんども起こして(自動車保険会社が)保険金をたくさん払わなきゃならない可能性が高い人はお断り!っていうわけです。

だから保険料を安くできるのです。

そしてまた、加入者さんの多くの方が期待している、

万が一事故を起こしてしまったときには代理店さんがかけつけてきてくれる!

というのも期待できません。

その事故が平日の日中で且つ、代理店が近くにあって且つ、その代理店さんが都合がつく場合なら現場に来てくれるかもしれませんが・・

しかし、自動車保険の代理店さんは、自動車保険会社の社員ではありません。

事故現場で事故の相手方と示談交渉などをすることは法律で禁じられていますし。

これからの時代は「情報弱者」にならないことが非常に重要な時代になります。「知らない」ということは「損する」ということに直結してしまいます。

⇒ 最短3分でご自分にとって一番適して安い自動車保険がどれでいくらなのかがわかります。

⇒ その自動車保険会社がどの方にとっても安くなるというわけではありません。必ずご自分で比較する必要があります。

⇒  5万円以上も安くなったという方がいるこちらを利用しても、しつこく電話で営業される心配はありません!