自賠責保険(強制保険)とは

自動車保険には、法律によりすべての車に付けなくてはならないと規定されている「自賠責保険(強制保険)」と、自賠責保険だけではカバーしきれない損害を補償するためにユーザーが任意で入る任意保険とがあります。

任意保険は、テレビCMなどでよく見かけるあの自動車保険のことです。

すべての車に付けなくてはならない自賠責保険は、車検期間分の加入が義務付けられていて、これに加入したという証明がないと車検に通りませんので、自賠責保険は基本的には掛け忘れはありません。

しかし、車検の義務のない250CC未満のバイクや原付は、ユーザーが毎年コンビニ払いなどで支払う必要があるので、よく掛け忘れが起こります。

もしこのように掛け忘れをしてしまい、自賠責保険なしで運転した場合、1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金に処せられ、違反点も6点ですので免許停止の処分も受けてしまいます。

自賠責保険でユーザーが一番知っておかなければならないことは、自賠責保険には人に対する補償しかないということです。

相手の車や信号機などのモノの損害に対しては1円の保険金もでません

また人に対する補償も限定的なものですので注意が必要です。

補償限度額は、死亡の場合3,000万円、後遺障害の場合3,000万円(常時介護を要する場合は4,000万円)、傷害の場合120万円です。

人に対する損害がどんなに大きくても、この額以内でしか出ません。

最近の裁判例では、相手方を死亡させてしまった場合、たとえば、その相手が大学生などでも損害賠償額が1億5千万円などというのは当たり前ですので、どう考えても自賠責保険だけでは足りません。

非常に恐ろしいことなのですが、現在、街中を走っている車の約3割は任意保険に入っていないという事実があります。

つまり、事故を起こしてしまった加害者の3割は億単位の損害賠償を支払う判決がでても、自賠責保険からしか保険金がでないため、どうにもならない状態になっているのです。

ですから、自分は事故なんか起こさないし、任意保険は高いからもったいないなどという考えはもたずに、車を運転するときには必ず任意保険にも入ることが絶対的に必要になってきます。

統計では、車を運転する人の約10%が一生のうち1度は、程度の差はあれ、何らかの自動車事故の当事者になるそうです。