車両保険に免責金額をつければすごくお得

自動車保険の車両保険には「免責」金額を設定することができます。

免責金額とは、車両保険を使う場合に自分で負担する金額です。

例えば、車を自宅の車庫の壁にこすらせてボディに傷をつけてしまった場合に、板金塗装の修理代が3万円かかったとします。

このとき、自動車保険の車両保険の免責金額が5万円に設定されていた場合、車両保険から保険金は支払われず、全額自己負担となります。

修理代が10万円かかったときは、車両保険から免責5万円との差額の5万円が支払われます。

この車両保険の免責の金額は、高く設定すればするほど、保険料(保険会社に支払う掛け金)は安くなります。

今、一般的なのが、「5-10」と呼ばれていて、保険期間中の事故で車両保険を使う場合に1回目の事故では免責金額が5万円、2回目の事故では免責金額が10万円というものです。

では、 この「免責」をつけて保険料を安くしても、事故のときに5万円か10万円も自己負担しなければいけないのでは困るとお思いの方もいると思います。

しかし、相手のある事故で相手に過失があるとき、相手の自動車保険会社から支払われる保険金額が免責金額を上回る場合は、自己負担はありません。

相手の保険会社から支払われる保険金額で、最初に免責の部分を埋めることになりますので、自己負担がないのです。